愛しの甘栗

新たなるヒイキ

WINNERにハマっています。
WINNERとは何ぞや。誰もがわかる一言でいうと「BIGBANGの後輩」です。
YGのサバイバル番組でA・Bチームに分かれて勝負をし、勝利を勝ち取ったグループです。

私のWINNERとの出会いは一昨年の秋にさかのぼります。
2013年BIGBANGドームツアー初日、西武ドームに足を運びました。
その時私の中にあるWINNERの前情報は、上記の「サバイバル番組で勝った子達」ということだけ。
前座で出てくると聞いて、どんなもんか少し楽しみにしていました。

で、第一印象はというと、「これはないわ」です。
曲のテイストがBB(←略した)と全然違うのはそうなのですが、それ以上に、音外れてるし動きが固い。
「これがBBの後輩というイメージの恩恵を受けてデビューするのか、大丈夫なのかYG」と思いました。
「これ以上YGの新しいグループにハマることはなさそうで、良かった」とも思いました。

2013年冬、再び東京ドームにBIGBANGを見に行きました。
同じツアーですから、もちろんWINNERも再び前座で登場しました。その時の印象はこうでした。
「まぁ、場数を踏むと多少は良くなるもんだね」←超偉そう。
まだまだものすごい距離感です。見てのとおり全然好きじゃありません。
メンバーの顔も分かりません。一人ものすごい人気のある子がいるな、と思ったくらいです。

それが、なぜこんなにハマりこんだのか。
それは前述のサバイバル番組でした。
デビュー前にサバイバル番組なんてあざといし(BBの時もそう)、正直LIVEで見たWINNERに興味を持てなかったので見る気がなかったのですが、たまたま2014年のYGコンに行くことが決まった段階で、曲だけは聞いておこうとWINを見始めたのです。

WINを見た大部分の人がそうであるように、始めはBチームの才能に驚愕しました。
(そもそも負けたチームに全然期待していなかったので、その分驚きが増しました)
これこそまさに、BBのデビュー前を思い起こさせるではないか。
すごい、キレがすごい、セルフプロデュース力がすごい、溢れ出る自信がすごい、自由感がすごい。
一方Aチーム(のちのWINNER)はとにかく下手ではないのに何か残念な感じ。

番組の中でも話が出てきますが、この残念さが同情を呼ぶ、人間らしさを感じさせるというのは確かにあると思います。
ただ、Aチームが視聴者の共感を呼んだのは何よりも個人のキャラクターが立っていたからだと思っています。上手い子も上手くない子も、とにかくキャラが立っているのです。

始めはBチームのパフォーマンスにワクワクしていた私でしたが、いつの間にかAチームにどっぷり肩入れしていました。勝敗は分かっているのに、凹んでしょげているAチームを見ると心底心が痛みました。これはもう、やばいな、と途中からあきらめにも似た感覚を覚えました。

WINを見終わる頃には、私のYGコンの一番の楽しみがBBからWINNERに変わっていましたw
WINを見終わったテンションのままWINNER TVを見(これはWINNERをフューチャーしたバラエティ番組でした)、余計に深い海へとハマっていきました。

WINNERはその後、2014年の夏にデビューします。
私が彼らと非常に冷めた出会い方をした時から10ヶ月ほど経っていました。
そしてその10ヶ月で、私のWINNERに対する思いは驚きの変貌を遂げました。

WINNERにハマっています。
自信家で才能が有り、ちょっと残念で、とにかく感激屋です。
WINNERを見ていると、一緒になって一喜一憂する自分を感じます。
今年のライブツアーも、心底楽しみです。
[PR]



# by yagaco | 2015-06-21 18:16 | WINNER

唐揚げと私

Twitterのアカウントにkara_ageを入れているのは、当然おにゅが釣れないかと企んでいるからです←

が、実は私の唐揚げ好きはおにゅなんかよりず〜っと年季が入っています。

それは3歳の時の話。
私は家の目の前で三輪車に乗ったままトラックに引かれるという大事故を起こしました。
まさに生きていることが奇跡。
私は病院に運ばれ、脚を切断するか否かというところまで行き着きました。
その時親戚の叔母が勤めていた東大病院で受け入れてもらえることになり、手術と治療で何とか脚を失うことを免れたのです!!

さぁ、このドラマチックな展開に唐揚げがどう絡むのか。

手術が終わった私に、両親がこう訪ねました。
「よく頑張ったね。何が欲しい?」
ケンタッキー
あぁ。何て感動的な話でしょうか071.gif

ちなみにこの当時東大病院近くにケンタはなく、父はケンタを探して3駅先まで走ったそうです。

そんなわけで、私の唐揚げ好きは筋金入りなのです。

a0036093_16165444.jpg

[PR]



# by yagaco | 2013-06-23 15:59

明日がある幸せ

就活中で悲喜交々の毎日を送っております。
凹む時は、凹みますよ。
でも何とか元気です。

*最近重い内容が多いので隠します。

more
[PR]



# by yagaco | 2009-07-06 17:48 | その他の話題

ツレうつ

先日、本屋でふと目に止まった文庫本。
「ツレがうつになりまして」。
興味があったので、思わず買ってしまいました。

いえいえ、うちのダンナはうつではございません。
まぁ「人生の長期休暇中」というのは一緒でしょうか。
とりあえず、私の周りにもはっきりと「うつだ」と公言している人はいません。
ですが、潜在的には結構いるんじゃないか、と私はふんでいます。
自分にも、その可能性がないことはない、とも思っています。
(まぁ、私はかなーりいい加減なので大丈夫な気もしますが)

この本、マンガでうつになったダンナさんのことを書いています。
・うつってそもそもどういう症状なの?
・うつの周りの人ってどうしてるの?
なんて疑問を重くならずに解消させてくれます。とっても良い本だと思います。
可愛いタッチのイラストで、ダンナさんのエッセイなども交えながら
スラスラっと一気に読んでしまいました。

簡単に読んでしまいましたが、でも、やっぱりすごく大変だなと思いました。
うつになった人も、その隣にいる人も、すごくしんどくて、大変だったんだろうなって。
そして、大変だったことを乗り越えた人たちってのはやっぱりすごいなぁ、と。

たまに、自分にとって一番怖いことってなんだろう?と考えます。
周りに誰もいなくなること?
今までできたことができなくなること?
明日が来ないこと?
私は、全部怖いです。とても怖い。
でも、そんな状況に明日ならない保証なんて何もない。
もしそんな状況に明日なったとして、それでも生きていかなきゃならない。

今ある自分を、幸せだと思うこと。
明日ある自分を、幸せだと信じること。

そして、もしかして明日やってくる困難には、私らしく向き合うこと。
[PR]



# by yagaco | 2009-05-08 23:04 | その他の話題

自己記録的BLOG(今はしゃいにとBB中心)
by yagaco
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧